サイド イフェクツ-薬の鎖-
サイド イフェクツ-薬の鎖-
アフィリエイトOK
発行者:てきーら
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2011/04/25
最終更新日:2012/09/23 14:28

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
サイド イフェクツ-薬の鎖- 第10章 DATA10 赤面、そして沈鬱―元モデルの告白―
「……っていうかさぁ、。君さっきより顔蒼白くなってるけど大丈夫なの?」
「えっ…わたしの顔が…ですか」
苺夏は、自身でも信じられないといった様子で頬に指先を軽く添え、目を白黒させながらか黒い面貌{かお}を怯えるように仰視した。そしてまた、洗面台の鏡で確かめてこようかと後ろを顧みた時、
「もう今日は撮影はしないから。こんな調子じゃあね‥。マネージャーの黒川さんには伝えておくよ」
「…えっ、……いや、あの……そんな………」
カメラマンは無念そうな遣り切れない表情を見せてそう告げた。モデルがうろたえて言葉に詰まっているのを見るに耐え兼ねたのか、日ノ岡はそれから何も言わず黙ってスタジオの奥の部屋へと退いていった。
(……そんな、…そんな………どうしよう、あたし……)
感情がおのずと高まり、瞳の奥に泪が自然と溜まってきたのがわかった。気が気でなくなりつつも苺夏は、ついさっきまでHIDのスタジオライトが背後にある円形のレフ板に煌々と照りつけていたところまでゆっくりとした足取りで戻っていった。がしかし今は、眩しいくらいに放たれていた人工の光は、彼の撮影中止の判断によって消されていた。その隣にある一室ではドア越しに、日ノ岡が何やら頻{しき}りに、携帯電話で誰かと話をしている声が耳に入ってきた。おそらく、事務所の若い金髪のマネージャーである黒川であろう。苺夏はまた、脚から上半身のほうへ胴震いが奔{はし}ってきたのを感じた。
(この先わたしは………この先……わたしは、………どうなって……しまうんだろう………)
未だ初日だというのに、言いようのない濃い不安の靄が彼女の心を侵してゆく。誰にも理解{わか}ってもらえない遣る瀬なさともどかしさが胸中でじわじわと葛藤し始め、眼に見えない何者かが己の精神の自由を奪い去ろうとしている。明日という闇に恐怖さえ感じたのか、頭の中はまた真っ白になり、一筋の水滴のような洟{なみだ}が無意識のうちに透明な白い頬を伝っていった。
「あっ、あのさぁ平幡さん。五日後の水曜に再撮影したいと思うからさ。まぁ大丈夫。今回の雑誌に載せるやつは未だ猶予あるから、心配しないで本当落ち着いてやってね」
「……来週の水曜日…にまた此処に来ればいいんですか?」
「そう。黒川にもさっき俺が伝えておいたから大丈夫だよ」
92
最初 前へ 89909192939495 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ