サイド イフェクツ-薬の鎖-
サイド イフェクツ-薬の鎖-
アフィリエイトOK
発行者:てきーら
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2011/04/25
最終更新日:2012/09/23 14:28

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
サイド イフェクツ-薬の鎖- 第10章 DATA10 赤面、そして沈鬱―元モデルの告白―
虫取り網を肩に引っかけて勇んで歩く小童{こわっぱ}のように田舎臭くも無邪気な表情{かお}を全面に浮かばせていた男は、本番に入るべく合図のコトバをかけたが、甘いながらもどこか辛辣味を帯びた声色で、いよいよこれからは気合いを入れて撮影に取り掛からなければならないんだ、とでも暗に伝えるように表情までもにわかにシリアスになった。少しばかりじゃれあっていたようなムードから一転、突如厚い雲に覆われてしまったかの如く、感情を司る大脳辺縁系の扁桃体では、妙に重苦しいよというシグナルを受け取ったらしい。もともと内気で繊細な心の持ち主みたいだ。いわゆる感受性が強いっていう性質{たち}なのか。それがこういう華やかな場面でもうまく発揮してくれれば申し分ないのだが。だが、筆者が願うほど、筋書きどおりにはゆかないようだ。カメラマンは今回の撮影概要の資料をぱらぱらとめくっていたが、やがて被写体となるモデルのほうへと眼を移し、
「はい。じゃ撮っていくよ。俺の言う通りポーズ取ってってねー」
日ノ岡はすかさずストロボのレンズに眼を遣り、そこでピントを合わせるため、少しの間じっと顔を動かさずに真正面で構えていた。
「はい。じゃー彼女、左の撫で肩になってる所をもう少し意識して下げてさ、んで身体も若干おなじく左に前屈みになるような感じにしてもらっていい?」
「……こ、こんな感じ…ですか?」
カメラマンの甘く明暢で気取ったような声での指示に対し、苺夏は自身の中ですんなりその内容が飲み込めたのか、意外に割と素早く言われた通りの姿勢を作る事ができた。
「そうそう、そんな感じ。いいねぇ、苺夏ちゃん。それでその恰好のままさぁ、両腕はだらっとカラダの真ん中に下げるカンジにして」
「……ハ、ハイ…」
「そうそう。んでさ、腰は左に反らしてもらっていいかな。色っぽく読者には見せたいから」
「あっ、………ハイ」
それなりにキャリアの長そうなカメラマンは、如何にも業界人らしい軽いノリの口振りで、モデルデビューしようとする若い女に次々と撮影に入るためのオーダーをぶつけてゆく。苺夏はといえば、多少それに気後れしながらも、指示された通りのポーズをきちんと決めていった。
「そうそう、いいねぇ。セクシィだよ、苺夏ちゃん。それからさぁ、正面に対して右に四十五度くらいの方向に顔を向けてさ、意識的にあどけないって思える表情を作ってもらえる?」
83
最初 前へ 80818283848586 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ