看護師洋子-狂宴ナースステーション
看護師洋子-狂宴ナースステーション
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:youko
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/05/01
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
看護師洋子-狂宴ナースステーション 第10章 いかされる白衣-後篇
「おおっ」
慌ててペニスを引き抜く斎藤の咆哮。放出された精液は洋子の背中、そして肛門を濡らせた。

斎藤に双丘を握りしめられた瞬間に洋子は背中を反らせていた。大山のペニスから離れた口から一言だけ喘ぎが漏れる。
「ハアッ」
あと少し斎藤の強烈なストロークが続けば到達していたのかもしれな。いや、中で出されていればその瞬間に昇り詰めていただろう。
洋子は紙一重のところで救われた。

深呼吸をするように大きく息を吸い込み、吐く。今の快感を忘れようと必死で心を落ち着かせる。
(そうよ。そんなはずない。こんなのでイクはずない)
斎藤が余韻を楽しむようにお尻に挟んだペニスをゆっくり動かしている。洋子の思いを無視し、精液にヌメル肛門を刺激するペニスにさえ快感を与えられていた。

「準備万端といったところだな。そろそろ本番といくか」
40
最初 前へ 37383940414243 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ