もう1度、会いたかった
もう1度、会いたかった
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/04/15
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
もう1度、会いたかった 第2章 別れ
土曜日になり、2人はラブホテルに入った。

「あの、亮二…これ、先に返しておくよ。」

幸樹はそう言って、亮二に1万円札を数枚差し出した。
亮二は「ありがとう」と言い、受け取ってから言った。

「…多いけど…」
「今日の分も入れてる。」
「そのことだけどさ…あのさ、幸樹…1つ聞いてもいいか?」

亮二は幸樹の手を引き、ベッドに座りながら言った。幸樹は目を見開いてから幸樹の隣に座り、こくりとうなずいた。

「幸樹…本当に正社員なのか?」
「!!」
「…だってさ…正社員で働いてて、健康保険に入っていないなんてことないじゃないか。…それに国民保険も払っていないなんて…。」
「……」
「狭心症のことだって、どうしてずっと黙ってたんだよ。」
「……」

幸樹は黙っている。亮二が続けた。

「俺…あれから考えたんだけどさ…。もう会ってもらうのやめようと思って…」
「!?」

幸樹が驚いて顔を上げた。

「だって…狭心症ってわかってしまったら、ベッドの上でもう思う存分、お前を愛せないし…それに…幸樹が正社員じゃないんなら、金もらう資格ないしな。…今まで疑問も持たずにもらってたけど…今までのお金全部返すからさ…、それでもう会うのやめよう。」

その亮二の言葉に、幸樹はしばらく言葉もなく唇を震わせていた。…そして、つらそうにうつむいた。

「…わかった…。でも…お金は返してくれなくていい…。」
「いや、それはだめだ。」
「いいんだ!」

幸樹が声を上げた。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ