もう1度、会いたかった
もう1度、会いたかった
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/04/15
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
もう1度、会いたかった 第1章 幸樹の秘密
「あ、ありがとな。」

亮二はそう言って、幸樹から1万円を受け取った。幸樹がこくりとうなずいた。
ラブホテルの中…情事の後である。…つまり「援助交際」だ。…男同士だが。
亮二は、アメリカの大学に行く費用を貯金していた。この「援助交際」でもらった金ももちろん、そのまま銀行行きだ。

亮二はベッドから降り、さっさと服を着始めた。
幸樹はまだ裸のままベッドに座った状態で、そんな亮二をぼんやりと見ている。

「先出るよ。また来週頼むな。」

亮二がそう言って幸樹に投げキッスすると、幸樹は顔を赤くしてうなずいた。
亮二はベッドのそばのインターホンを取り、ある番号をプッシュした。

「あ、すいません。1人だけ出ます。」

亮二がそう言うと、受付の女性が「開けます」と言い、ドアの鍵が開く音がした。

「じゃな。」

亮二がそう言って手を振った。幸樹も黙って手を振り返した。
亮二がドアから出て行った。幸樹はまたごそごそとベッドの中に入って、ほっと息をついた。

1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ