年の差恋
年の差恋

お礼31 コメント3
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/10/14
最終更新日:2016/10/29 22:55

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼2
年の差恋 第7章 女子寮、潜入?
隆)ねぇ、しつこいようだけど…
  ほんとにいつもはちゃんと
〇)鍵かけてますよ!
隆)……


食い気味に返事されてしまった。


隆)ほんとに心配だから…
  ちゃんと毎日寝る前に
  確かめるんだよ?
〇)くすくす♡わかりました♡
隆)……//


もう呆れてる?
心配性な俺のこと、呆れてる?

過保護なおっさんだな、とか思ってる?


〇)あ、座ってください♡
  何か飲みますか?
隆)…っ


彼女の寮の部屋は
8畳くらいの広さで

ベッドに座ると
彼女が飲み物を取りに
共同キッチンに向かった。


その間、俺は…
彼女の部屋を…キョロキョロ…


隆)!!!!


なんだこれは!!!!


壁に……

悟空が元気玉を作ってるポスターと…

バイクの上で妖艶なポーズをとる
峰不二子の…ポスター……


隆)……


ねぇ…
ほんと…

どんだけいじらしいの?
もう…戻ってきたら抱きしめてもいい?

可愛すぎるよ…///


〇)お待たせしましたぁっ♡


ニコニコ戻ってきた彼女は
ローズティーを入れてきてくれた。

オシャレだな…


隆)あ、美味しい。
〇)私のお気に入りですっ♡


そう笑って
無邪気に俺の隣に座る彼女。

ここ、ベッドだよ?
わかってる?


いや、寮だし、ソファーとかないから
座るのはベッドしかないんだけどさ、

俺、変な気起こさないように
必死だよ?


〇)ふふーーー♡
隆)……なに?w

〇)私の部屋に隆二さんがいるなんて
  すっごく不思議です♡

隆)……声とか、
  聞こえないかな?大丈夫?

〇)聞こえないと思いますよ?
  聞こえたことないです。

隆)そっか…


こんなスーツ姿で
忍び込んでるのがバレたら

俺、完全に変質者じゃん??


〇)あ、ジャケットかけますか?


そう言って俺のジャケットを脱がせて
ハンガーにかけてくれた。


隆)……//


なんか…新妻みたいで
じーーーん///


ついでにネクタイもゆるめると
それをギンギンな目で隣で見てた。


隆)ぶふっww
〇)はっ!!///
  見入ってしまいました、すみません//


そっか、ネクタイ外すの好きなんだっけ?


隆)えっちーw
〇)////


軽い気持ちでからかうと
彼女はベッドの上を転げ回った。


これが…!!!

噂の…!!!

真の、「転げ回り」か!!!


〇)はぁぁぁ///


いつもこんな風に転げてるのかな…
すげぇ可愛いな…w


相変わらず両手で顔を隠して

転げ回った勢いで
めくれたスカートに
俺がドキドキしてるなんて知らずに


〇)もぅっ///


なんて可愛くつぶやく君。


「もぅっ///」
は、こっちのセリフだよ?


彼女の太ももを見ないように、
脚を伸ばすふりをして
ベッドに上がった。


壁にもたれて脚を伸ばすと
彼女が嬉しそうに隣に並んだ。

俺の横で同じように脚を伸ばして

えへへ♡

なんて笑いながら、
俺の肩に頭を乗せてくる。


隆)……//


ええと……


隆)誘ってるの?
〇)え?
隆)……
〇)……
隆)……
〇)…っ///


俺の肩から逃げた。


〇)違い…ます…っ//
隆)……

〇)…なん…か、甘えたくなっちゃって…
  ごめんなさ…い…//
隆)……

〇)……//

隆)甘えるのは…いいけど…
  ベッドの上だって、わかってる?
〇)!!!

隆)……
〇)////


ぴたっと身を寄せていたくせに
俺の言葉で少し離れる彼女。


ちゃんと意味がわかったみたいで
頭をよしよしと撫でる。


隆)…ねぇ、これ何?w
〇)え?


壁のポスターを指差すと


〇)あれ?
  言いませんでした?
  悟空のポスター見てるって…


いや、聞いてたけどさ、
悟空と峰不二子が
こんな仲良く並んでるとは
思ってなかったよw


〇)悟空のポスターは…
  もう隆二さんの顔、わかるから
  必要ないんですけど…
  思い出に取ってあるんです♡


女子高生の部屋には
絶対似合わないと思うけど

そんな嬉しそうに話しちゃう彼女が
愛おしい。


〇)峰不二子さんは、イメトレ用です!
隆)ぶっwww


まださん付けなの?!!ww


〇)調べたら…ルパンの人だったんですね、
  知らなかったです。
隆)……

〇)あ、そーだ!
隆)ん…?

〇)隆二さんは二次元がお好きなんですか?
隆)?!!!


そんな誤解されてたの!???


隆)違うよ!二次元なんて興味ないよ!
  生身の女が好きだよ!!!


慌てて弁解する俺。


〇)生身の…女…//
隆)……//


言い方、生々しかったね?
ごめんね?


〇)でも…
隆)……
〇)峰不二子さんのように
  おっぱいが大きくて
  えっちな女性がお好きなんですもんね…
隆)…っ


彼女がポスターの方を向いた。


〇)峰不二子さん…
  私、頑張って、あなたみたいに
  なりますから。
隆)!!!


話しかけてる!!


〇)応援してくださいねっ!
隆)……www


笑いをこらえるのに必死です。


〇)よーしっ!頑張るぞぉっ!
  ……わ…っ、えっ?!///


後ろから抱きしめた。


隆)可愛すぎ…///
〇)えっ///


そのまま引きずり込んで
壁にもたれる。


俺の膝の中には戸惑う彼女。


〇)あ、の…っ//
隆)うん…?

〇)えっと…、ここは…ベッドです//
隆)そうだよ?

〇)////

隆)ベッドだとどうなるか、覚えてる?

〇)エッチな…こと、されるって
  …言われまし…た//

隆)よく覚えてたね、偉いじゃん。

〇)////


可愛い耳が
また赤く染まってる。


隆)この体勢、この間みたいだね?
〇)…っ

隆)ほら、覚えてる?
〇)////


後ろからこうやって君を包んで
いやらしいことをたくさんした。

可愛く啼いて
初めてイッたんだよね?


〇)////


俺が何度あの日を…
あの時の君を、思い出しながら

そういう夜を過ごしたか、知ってる?
43
最初 前へ 40414243444546 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ