年の差恋
年の差恋

お礼32 コメント3
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/10/14
最終更新日:2016/10/29 22:55

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼2
年の差恋 第5章 親友の告白と葛藤
(隆二side)


遠足した日曜日から
ちょうど一週間。


隆)よし、チェック完了!!


どこもかしこもピカピカだ!!


もともと部屋は綺麗な方だけど…
なんてったって
女子高生が来るんだ。

ちょっとでも汚れてたりしたら
「やだー!おじさんの部屋気持ちわるーい!」
なんてことに、なりかねないだろ?


大掃除しちゃったぜ!!


隆)ふ…ぅ……


リビングを一周して…
寝室の入り口に立った。


隆)……


ここは…閉めておこうかな。


なんていうか…
〇〇がいる時に、ベッドが目に入ったら
俺…何するかわかんないし。

いや、何もしないよ?!
絶対手は出さないよ!?


でも…
そんな俺の理性を…決意を…

簡単に崩しちゃうくらい
〇〇の破壊力はすごいから…

可愛すぎて…
すぐメロメロにされちゃうから…


隆)今日はここは封印!!


バタン。


隆)よし。


……ピンポーン。


隆)!!!!


来たぁっ!!!


……


ほんとは…
寮まで迎えに行くよ、って
言ったんだけど

好きな人のおうちを
ピンポンするのが夢なんです♡

とか、可愛いこと言うから…


住所だけ教えて
迷ったらすぐ電話すること!!

って言ってあったんだけど


ちゃんと無事辿り着いたみたい。


オートロックを開けてあげて
玄関まで迎えに行くと…


……ガチャッ


〇)隆二さんっ♡♡
隆)////
〇)…入っても…いいですか?///
隆)う、うん、…どうぞ//
〇)お邪魔しまぁぁす♡♡
隆)…っ


ドキ、ドキ、ドキ…ッ


こんなむさくるしい一人暮らしの家に
一気に春が来たようだ。


〇)わぁっ、ひろーーいっ♡


一応アラサーですから…
おじさん、稼いでますから…


〇)すごーいすごーい♡


キョロキョロ家の中を見渡す彼女。


〇)洗面所借りてもいいですか?
隆)はい、どうぞ。
〇)えへへ♡


ちゃんと手洗いうがいをして
リビングに戻ってくる彼女。


隆)ん……?


ちょっと待て。


隆)なんでそんな格好で来たの?
〇)あ…っ


バレた、みたいな顔してる。


隆)外、寒いでしょ!
〇)コート…着てたもん//
隆)また生脚じゃん!
〇)……//
隆)危ないからダメ!!
  何回言ったらわかるの!


こんなミニ履いて…

胸元は…
今日は開いてないな、よし。


〇)危なく…ないもん…
隆)電車とかで痴漢にあったら
  どうすんの!
〇)……


こんな生脚さらけ出して…
変態なんていっぱいいるんだからね!!


隆)もうミニは禁止です!!
〇)えーーっ!!!
隆)……
〇)やだっ!履くもんっ!
隆)ダメ!!
〇)隆二さんに会う時だけだもんっ!
隆)…っ


そんな…上目遣い…したって…


〇)隆二さんだけ、だから…
隆)…っ
〇)それでも…ダメ?//
隆)////


ほんと…ズルいな、もうっ!


隆)行き帰りが車で
  家の中で会う時だけなら…
  いいよ。
〇)…っ
隆)それ以外は禁止。
〇)……わかりました。
隆)ん!
〇)……けち……
隆)んん?!!


今なんて言った?!


〇)隆二さんに…
  ドキドキしてほしい
  だけ…だもん……//


そんな可愛く
口を尖らせるなぁ〜〜///


隆)……
〇)……
隆)そんなこと…しなくても…
〇)……
隆)ドキドキは、するから。
〇)え…っ
隆)……//
〇)……//


……なんだよ、この空気//


隆)帰りは絶対送ってくからね!///
〇)……ハイ///


フゥッ…

もうっ!


……


彼女をソファーに座らせて
俺はキッチンへ。


隆)何、飲む?
〇)えっ
隆)何がいい?
〇)…っ


彼女がパタパタと
キッチンに駆け寄ってきた。


〇)私、カップケーキ焼いてきたんです♡
隆)えっっ!!
〇)紅茶とかあったら嬉しいな♡
隆)…っ


なんて…できた子なんだ…
おじさん感動♡


隆)そのカップケーキは…
  おじさんも食べていーの?
〇)えっ!…あはははっ♡
  やだぁ〜〜もぅっ
  隆二さんのために焼いてきたんです♡
隆)////


可愛いよぅ…
撫でくりまわしたいよぅ…


〇)私やりますよ?
隆)あ、いいよいいよ、俺が入れる。
  お客さんだからw
  ソファー、座ってて?
〇)……はぁい…


そう言いながら
どこか落ち着かないのか

ソファーの周りをちょろちょろしてる。


隆)……


なんか…何をしてても可愛いんだけど…
どうしよう…


……カチャン。


隆)はい、どうぞ。
〇)わぁ♡ありがとうございます♡
隆)早速…食べてもいいんですか?
〇)いいですよぉっ♡
  焼きたてですよぉ♡
隆)あ、さっき焼いてたの?
〇)はいっ♡


あ、だから…
今日はお昼過ぎからがいいって
言ってたのか。


〇)本当は…せっかくの日曜日だから
  朝から来て、ずっと隆二さんと
  一緒にいたかったんですけど…
隆)……//


何その可愛いプラン//


〇)でも…我慢しましたっ//
  えへへ…//
隆)////


やっぱり撫でくりまわしたい!!
どうしよう!!!


隆)……では、いただきます//
〇)はい♡召し上がれ♡
隆)…っ


召し上がれ、って…
なんか…イイな……


「ただいま〜〜」
「おかえりなぁ〜い♡」
「今日も疲れたよ」
「お風呂にする?ごはんに…っ、あっ」
「お前がいいな…」
「やだ…もう♡
 ……召し上がれ♡♡」


なんつって!!なんつって!!
うああ〜〜〜////


〇)隆二さん…?
隆)はっ!!!
〇)食べないんです…か?


いかんいかん!!
勝手に新婚ライフを妄想して
にやけてしまった!!

俺は変態かよ!!


隆)じゃあ…気を取り直して…
〇)??
隆)いただきます…//
〇)はい♡


ぱくっっ


隆)!!!


ぱくっっ


隆)!!!


ぱくぱくっ


〇)あの…隆二さん……
隆)んぅ??
〇)何か…言って欲しいです…//
隆)んぅっ、、んっ、んっ
  ごめん!!
  美味しすぎて…つい…


夢中で食べちゃった!!!


隆)すっごい美味しい!!
〇)ほんとですか?♡
隆)うん!天才!!
〇)やったぁ〜〜〜♡♡


今すぐ嫁に欲しいくらい!!


隆)ほんとすげぇ美味いよ。
〇)作って良かったぁぁ♡♡
隆)……


女の子…だなぁ。
ほんと可愛いなぁ。

こんな美味しいお菓子も
簡単に作れちゃって

こんなに…素直で可愛くて
良い子で……


俺なんか…
ただのおっさんなのに……


〇)何の映画にしますかぁ?♡
隆)はっ!!


そうだった。

今日は一緒に映画を観る約束
してたんだった。


隆)好きなの選んでいいよ?
〇)わぁ〜〜いっぱいあるなぁ〜〜♡


しばらく悩んだ結果
彼女が選んだのは恋愛もので

実は俺も男のくせに
恋愛ものは割と見る。


二人でソファーに並んで座ると


隆)…っ


隣の彼女の
艶かしい太ももが
気になって気になって仕方ない。


〇)始まりますよぅ♡
隆)……


彼女の膝にブランケットをかけると


〇)寒くないですよ?
隆)……


もう!わかってないんだから!


隆)かけてて。
〇)……??
隆)映画に集中できないから。
〇)……
隆)……
〇)…っ


やっとその言葉の意味を理解したのか
彼女はおとなしくブランケットを広げた。


隆)……//
〇)……//


イントロ長いな…
早く始まんないかな…


映画のために部屋の照明もおとして
薄暗い空間。

少し、ドキドキするーー


なんて思ってたら


隆)わっ!!//
〇)あ、驚かせてごめんなさい//


彼女に急に手を握られて
またマスオさんになった俺。


〇)手、繋ぎたくて…//
隆)……//
〇)ダメです…か?//
隆)……//


きゅ…っ


〇)…っ


この間とは違う、
指と指を、絡めて繋ぐ、恋人繋ぎ。


〇)////


恥ずかしいから
彼女の顔は見ない。


〇)ふふ…♡


こてん…っ


隆)!!!!


な、な、何これ?!!

ちょ、ちょっと!

おじさんさ、これでもさ、
この繋ぎ方、割と緊張してるんだよ?

何も言わずにカッコつけて
繋いだけど

心臓ドキドキしてんだよ??


なのに…
そんな可愛く「こてんっ」だなんて…

安心しきって
俺の肩に頭とか乗せちゃって…

甘えちゃって…


隆)////


可愛すぎるじゃん!!

まさに今、君の得意技を
使いたい気分だよ!!!!

転げ回りたい!!!///


………

……


彼女の髪から…甘い香り。

繋いでる手からは…柔らかいぬくもり。


隆)…っ


ダメだ、映画に集中しよう。

〇〇のことは考えない!!

今は…そうだ!
うさぎのぬいぐるみだとでも思おう!
そうしよう!!


……


……
32
最初 前へ 29303132333435 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ