年の差恋
年の差恋

お礼32 コメント3
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/10/14
最終更新日:2016/10/29 22:55

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼6 コメント1
年の差恋 第3章 デート?遠足?
隆)泣き…止んだ…?


おそるおそる顔をのぞくと


〇)……//


恥ずかしそうに俺を見上げた。


〇)ほんとに…
隆)……


ゴクリ。


〇)ちっちゃくても…
  嫌じゃ…なぁい…?//
隆)////


そ、そ、その、上目遣い…やめようか?


〇)じゃあ…
隆)…っ


ゴクリ。


〇)触って、ほしいです…//
隆)!!!


なんでそうなる?!!


〇)エッチのレッスン、してください//
隆)はい?!!


エッチの…レッスン!???
何それ!!!!


〇)隆二さん好みの…
  エッチな女性になれるように
  いっぱい教えてください//
隆)何、かな…、それは…
〇)この間、教えてくれたじゃないですか//
隆)……


この間って…


〇)お口で…する方法…//
隆)…っ///

〇)あんな風に…
  もっと、教えてください//
隆)////


この子は…何を言って……


自分が何言ってるか
わかってんのかな…


〇)もっとエッチになりたいんです//
隆)…っ
〇)お勉強したいんですっ
隆)////


だから…
おじさんをあまり興奮させないで。


〇)他の人に教えてもらった方が
  いいですか…?
隆)!!!!!!


な、な、それはどういう意味だよ!!!


〇)迷惑…ですか…?//
隆)…っ


他の人にって…
男か?!男なのか!??

「エッチになる方法、教えてくださぁい♡」

…って!??

他の男に!?
こんな可愛い子がお願いすんのか?!!


隆)絶対ダメ!!!!!!!!
〇)…っ


俺の大きな声に彼女がびくっとした。


隆)あ、ごめん。
〇)何が…ダメですか?//
隆)…っ
〇)……
隆)そんなレッスン、他の人に頼んじゃ
  絶対ダメ。許さない。
〇)////
隆)……
〇)……


彼女が俺の手をもう一度
自分の胸に、当てたーー


〇)じゃあ…隆二さんが…
  教えてください///
隆)////


その手が少し震えてる。


そう、だよな…

緊張してるに決まってる。


エッチもしたことない子が
こんな…大胆な真似して。


でも…それくらい…必死なんだ。

俺のために…
俺のアホな嘘を信じて
エ、エ、エッチになろうと…してる//


許さない、なんて言った手前
俺がレッスンするしか…ないよな?

レッスンて…
何をしたら…

俺の手は…彼女の胸の上で硬直してるし。


隆)……//
〇)……//


勇気を出して…
手を…少しだけ……


〇)…っ


ぴくんっ


隆)…っ


俺が胸を少し一揉みしただけで
彼女が肩をすくめた。


隆)……やだ?
〇)…っ


フルフルと首を横に振る。


隆)……怖い?
〇)…っ


また横に振る。


隆)触って…いい?
〇)////


恥ずかしそうに俯いたまま
コクリと頷いた。


俺は…
手が心臓になったみたいに…
バクバクして…

女の子の胸を触るのに
ここまで生唾飲むような緊張が走るなんて…


隆)触る、よ…?
〇)……コクン//


ふ…にっ


〇)…っ///


あれ…?
全然小さくないじゃん。

そうだよ。

だってこの間見た時だって
谷間、あったし。


隆)……


ふに…ふに…


右手でやわやわと揉んでいると
彼女が恥ずかしそうに
ぎゅっと目を瞑って


そのリアクションで
少し火がついてしまう。


もっと…困らせたい。

この顔が、見たい。


身を乗り出して、助手席に脚を投げ出し
彼女を抱え込んだ。


胸をやわやわと揉みながら
ゆっくりと胸元に顔を近付ける。


〇)…っ


彼女が息を飲む音が聞こえて…

俺はそのまま…


チュッ…


リップ音を立てて
胸元に吸いついた。


ああ…柔らかい。


そのまま谷間に
チュ、チュ、と、キスを落として

緊張で固まっている彼女の背中へ
腕をまわす。


〇)…っ
隆)……


外したいんだけど、いいかな…


服の上から
ホックに手をかけようとすると

〇〇が飛び上がった。


〇)だ、めぇっ//
隆)え??


だめって…


〇)外しちゃ…だめですっ//
隆)……


やだ、外したい。


無視して外そうとすると
今度は半泣きで手を掴まれた。


〇)ほんとにっ
  ちっちゃいんです//
隆)……


そう言われて思わず目の前の谷間に
目を落とす。


〇)違うんですっ!//
隆)え…?
〇)これは…
隆)……
〇)寄せて上げてるんですっ!//
隆)……


……ん?
そういうブラなのか?


隆)ブラって…普通そういうもんじゃない?
〇)違うんです!!//
隆)……
〇)これは、一番すごいのなんですっ!//
隆)……
〇)だから…
隆)……
〇)外したら本当に…
  なくなっちゃうんです…っ
隆)……


この可愛い告白は、なに。

どうしよう…
すげぇ可愛い…

すげぇ可愛い上に…余計、興奮する。

この必死な感じ。

たまんない。


隆)ふ…っ
〇)笑った!!
隆)いや、可愛いなって思ってw
〇)////
隆)大丈夫だから…
〇)…っ
隆)外すよ…?
〇)や、だ…ぁっ//
隆)ん、


パチン。


〇)////


みるみる赤くなる彼女の顔。


〇)なん、で…
  服の上から外せるんですか?//
隆)……おじさんだから?w
〇)////


俯いて胸を隠す彼女。

さっきは触って、って
あんな大胆だったのに。


隆)…手、よけて…?
〇)////


スルスルと服の裾から
手を忍ばせる。


〇)…っ


解放されたブラをずらして
ふくらみへとたどり着けば

彼女が小さく肩をすくめた。


その仕草に興奮して…
疼き始める、下心。


隆)…っ


ふくらみの下から
包み込むように

やさしく形を変えていく。


彼女は恥ずかしいのか
ずっと目を瞑ったまま。


隆)……


確かに谷間はなくなったけど

手に吸い付くような肌質に
だんだん興奮が高まっていく。


柔らかくて…気持ちイイ…


やっぱりおっぱいの大きさなんて…
どうだっていい。

こうして…
愛しいと思いながら触れてると
それだけでなんか…幸せで…

興奮して…


隆)////


はぁ…//
25
最初 前へ 22232425262728 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ