レイトショー(short ver.)
レイトショー(short ver.)
完結
発行者:NINA
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/09/24
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
レイトショー(short ver.) 第1章 塞がれた唇
◇)やっと観れる〜〜♡
臣)そんな観たかったの?w
◇)うんっ♡♡


今日はずっと楽しみにしていた映画を
臣と観に来てる♡


臣)恋愛ものだもんな〜〜〜
◇)とか言って感動して泣いちゃうかもよ?w
臣)マジかいw
◇)あははは♡


映画も楽しみだけど
久々の臣とのデートもすごく楽しい♡


臣)全然人いねぇなー
◇)レイトショーだからね♡
臣)ガラガラじゃん。
  大丈夫?この映画館w
◇)大丈夫♡
  土日は混んでるんだよぉ?
  このカップルシートだって
  人気なんだからぁ〜♡
臣)へ〜〜〜


昨日ちゃんとネットで予約した
一番後ろのカップルシート♡

ゆっくり二人で
映画に集中するんだ〜〜♡


臣)背もたれ長くて気持ちいいなー
◇)ここの映画館はそれも人気なの♡
臣)…って、お前はさっきから
  この映画館の回し者か!w
◇)あはははw


少し照明がおちて
予告が始まった。


臣(映画付き合ってやんだから
  ホテル付き合えよ?)
◇(えっ)
臣(えっ、じゃねぇよw
  まさか今日帰る気でいた?)
◇(……//)


ちゃんと…お泊まりの準備はしてきたけど…


臣(せっかく夜景の綺麗なホテル
  取ってやろうと思ったのに…)
◇(行くっっ♡♡)
臣(ニヤ…ww)
◇(あ…っ…//)
臣(そーんな俺とエッチしたい〜?w)
◇(……ばか!//)


太ももに伸びてきた手をパシッと叩くと
臣が口を尖らせた。


臣(そんなこと言えねぇくらいに
  メロメロにしてやっからなーw)
◇(……///)


ほんとに…
メロメロにされちゃいそう…


だって…

久々に会う時の臣のエッチは
本当に激しいんだもん///


あ…なんか…
想像したらドキドキしてきちゃった//


臣(お、始まるな。)
◇(あ…っ)


そうだそうだ!
今は映画に集中集中っ!//



映画のストーリーは
想い合ってる男女が
もどかしくすれ違ってしまう展開で…


「ずっと好きだったんだよ!お前のことが!」
「そんなの信じられないわよ!!」


なんか情熱的…ドキドキ…//


「だったら今すぐここで抱いてよ!!」
「じゃあ来いよ…」


抱いてよって…、え?!


「あ…っ、…ん…、っ…ぁ」


わ、わ、めっちゃ舌絡めてる///


「や…、ぁ…っ、だめ…っ、そ…こ…」
「お前が抱けって言ったんだろ…」
「あ…、っ…んゃ…ぁっ//」


え、え、純愛モノだと思ってたのに…

こんなエロい映画なの?!//


「あぁんっ…好き…っ、あ、あぁっ///」


◇)////


恥ずかしい///


臣(エッロいキスしてんなぁ〜〜w)
◇(えっ…)


臣がニヤニヤ耳打ちしてきた。


臣(俺らもする?w)
◇(えっ…//)
臣(こんなん観てたら興奮してきちゃった♡)
◇(ばかっ…//)


クイッ


◇(んん…っ//)


強引にあごを引き寄せられて
唇を塞がれた。


「あぁん…っ、気持ち…いい…っ//」


臣(ん?気持ちいいって?w)
◇(ばかっ!映画の声でしょ!//)
臣(なんだよ…じゃあ気持ちくねぇの?)
◇(え…っ)
臣(俺のキス。)
◇(……//)


変なこと…聞かないでよ…//


◇(もう、映画に集中してっ)


こんなキスまたされたら
ムラムラしちゃう。

誤魔化すようにプイッとスクリーンに顔を戻すと
しばらくして
ラブシーンの終わりかけに
手をキュッと握られた。
1
最初 前へ 123456 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ