蒼い月、蒼い空
蒼い月、蒼い空
完結
発行者:ヨアケノツキ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:蒼い月、蒼い空

公開開始日:2011/03/30
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
蒼い月、蒼い空 第1章 プロローグ
  〈デリート〉

自傷行為に意味などない。ついでにいえば理由ももはやどうでもいい。

ただ消し去りたい。

限りない
自分への 否定。

強い、否定。

ただ…
やはり、自分は
意気地がない。

家にあったアルコールの力を借りて、行為に及ぶのが関の山。

それでも

怖い。

怖いなら やめればいいのに、それもできない。

裸で浴室に籠る。

お湯より水がいいだろうか。きっと傷が麻痺するから。

裂いたキズから
煙のように血が流れて止まらないように。

だけど、
怖い。

よく切れる新しいカミソリは撫でただけで 薄い皮膚に傷をつけるだろう。

知らず、
ためらい傷ばかりで
深いものはつけられない。

動脈にまで 届かない!

汚い、
汚い!

汚れた 自分を
デリート!

家族の誰も
帰らぬうちに…!
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ