蒼い月、蒼い空
蒼い月、蒼い空
完結
発行者:ヨアケノツキ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:蒼い月、蒼い空

公開開始日:2011/03/30
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
蒼い月、蒼い空 第1章 プロローグ
  〈不安〉


騒ぎを聞き付けた客が通報した為、警察沙汰にまで発展してしまった。

四人は元より、ユーマまでが警官に連れて行かれた。

ぼくも無論、聴取という事で地元の警察署で〈事のいきさつ〉を話した。

しかし、被害者という事で短い時間で解放された。

“アルバイト”という名目でここにいるんだ…とか、多少面倒ではあったんだけど。


問題はユーマだ。


四人を伸した訳だけど、正当防衛が認められれば無罪放免なんだけどな…。




ぼくは一人、海の家で
ユーマの帰りを待つ。

いつもは別々の部屋に眠ってた訳だし 大差ないはずなのに、静まり返った小屋はやっぱり心細い。


それに、



知られた。


恥ずかしい姿を、
ユーマに。



消えてしまおうか?


ここじゃない他の場所へ行こう。
23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ