蒼い月、蒼い空
蒼い月、蒼い空
完結
発行者:ヨアケノツキ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:蒼い月、蒼い空

公開開始日:2011/03/30
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
蒼い月、蒼い空 第1章 プロローグ
〈羽根〉


「殊勝な事だな。やっと俺たちを受け入れようって気になったワケだ?」
二宮が言う。

ぼくは、
自ら進んで両腕を、ヤツの後頭部に回し その唇に自分のを重ねる。



それから
顔を放し、ニッと笑む。

「考えを変えたんだ」

「ふぅーん…」

言いながらも 疑う 顔。

「それじゃ、証明して見せろよ」


言うなり、強い力で突き飛ばされた。


「わかってないなぁ…
嫌がるのを無理矢理ヤるのがイんだろ?

俺たちはなぁ、
天使の羽根をむしりたいだけなんだよ…」


「…なっ!…」


声なき悲鳴を上げて ぼくは… !





「お前ら!何やってるっ!」

突然だった。

ユーマが血相変えて 飛び込んで来た。


その時ぼくは、

二宮に二発程 殴られて、倒れ込んだところで。



「ユーマ?!」


ぼくの声なんか待たないで、ユーマは 入り口の小森をあっという間にノックアウト。

続いて後藤、佐久田の順に いとも容易く拳で倒していく。


それも鮮やかに 淀みなく。

残るは二宮ただ一人。


だが、開き直りか、
落ち着き払って言う。



「おっさんよ、これが見えねぇか?」


二宮が手にした物。

それは、一本の
ナイフだった。
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ