蒼い月、蒼い空
蒼い月、蒼い空
完結
発行者:ヨアケノツキ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:蒼い月、蒼い空

公開開始日:2011/03/30
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
蒼い月、蒼い空 第1章 プロローグ
 〈連絡〉



『ツライ事があるなら、話すだけでも 少しはラクになるぞ…』

ぼくが浜で倒れた日、ユーマが言ってくれた一言。


だけど。


これだけは知られる訳にはいかない。

彼にだけは、ぼくが男に抱かれて喜ぶ人間だなんて、知られたくない。


けして!


ユーマにだけは絶対に知って欲しくない。

知ったらきっと、彼はぼくの事を軽蔑するに違いない。


いや、彼は人を軽蔑したり見下すような人間じゃない気がする。


ただ…


これまで通りには話せなくなると思う。


その自信なら 確信を持ってあると言える。



けど、
ユーマが心配するから家には連絡を入れた。


捜索願いとか 出てるのかな、と思って。


電話をすると、母が出た。思いきり心配してる声。

『翔なの?今、どこにいるの?!…』


ぼくは答える。

『…大丈夫だから…無事でいるから…』

その時、父が急に電話口に出て、

『翔なのか。お前の顔など見たくない。二度と私の前に顔を見せるな!…』



ぼくは 黙って受話器を置いた。

だって、そうする他 ないじゃないか。



一応、無事は伝えた。

ぼくは まだ 生きてる。
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ