蒼い月、蒼い空
蒼い月、蒼い空
完結
発行者:ヨアケノツキ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:蒼い月、蒼い空

公開開始日:2011/03/30
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
蒼い月、蒼い空 第1章 プロローグ
    〈4人〉

7月の海開きから徐々に人が増え始め、夏休みに入った今は休日に関係なく、客の入りがいい。

おかげでこっちは、どシロートだってのに


朝からずっと 焼きモロコシだの焼きそばだのかき氷だのと、大忙し。

悩む暇も落ち込む間もなくて、それはいいかな、と思う。

カラダはクタクタだけど。

「日に焼けて健康そうだぞ」

と、笑いじわのできる目を細くして ユーマが声かける。

それがちょっぴりくすぐったい。

人に誉められるって いいな、と近頃思う。

それに、ユーマの役に立つ…。
胸がほわんと熱くなる。

仕事も覚え、体が思うように動かせるようになった頃、

奴等が現れた。

このぼくに、

男の味を覚えさせた

アイツら。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ