歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第2章 東方精神の章(仏・密・禅)
嵩山少室山北麓の少林寺は、
北魏の孝文帝が496年に
インド生まれの西域僧・仏陀
禅師のために伽藍を建立した
寺だった。ボーディダルマは
少林寺に居を定めた。ここに
壁に向かって9年間座禅して
いたので、両手両足が無く
なってしまったという「面壁
9年」のダルマさん伝説が
生まれた。ちなみに少林寺
拳法は座禅と共に達磨が伝え
た修行法の1つとされる。

「妄想を捨て真実に立ち返り
壁の如く静まり、我も他も
ないこと、凡も聖も同じで
あることに瞑想する者、
経典にも揺るがされぬ境地
にとどまる者は、存在との
完全な無言の一致の中にある。

(菩提達磨略弁大乗入道四行/
曇林訳)」

妄想とは生と死・善と悪・美
と醜・勝と負・悟と迷など、
物事を相対的に見て、一方を
取り、一方を捨てようとする
ものの考え方。宇宙はひとつ
の有機的統一体だ。世界を霊肉
に分割する思考法からキリスト
教の暗黒+牢獄の歴史が生じた
というわけだ。当然ながら
罪悪感は妄想の最たるものだ。
同様に「私はあなたがたより
も神聖だ」と言い張る教祖
たちも、虚しく霊的自我を
主張している。聖も俗もある
もんか。

面壁9年が終わる529(大通
2)年1月4日、神光という
雲水が弟子入りを求めてやって
きた。神光は洛陽の人。最初
儒教や道教を学ぶが得心せず
仏門に入った。悟りを求めて
各地を放浪して問答を重ねたが、
疑念は解明されなかった。神光
この年42歳。仏の悟りとは
何かを問うが、あっさり断ら
れる。そりゃそうだ。悟りとは
知識のように文字や言葉で受け
渡し出来るような性質のもの
ではないからだ。禅は全体から
全体へと受け渡して法を継いで
ゆく。
96
最初 前へ 93949596979899 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ