歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第2章 東方精神の章(仏・密・禅)
 ここで密教の伝説が登場する。学問僧・
龍猛は、この鉄塔にこもって堂内に響き
わたる、深淵にして広大無辺なる宇宙の
声を聴いた。現代風に言えば、チャネ
リング的神秘体験という事になる。
 龍猛はその声をことごとく書き留めた。
そうして出来上がったのが、「大日経」
と「金剛頂経」という、密教両部の大経
であるというわけだ。そしてその内容
は、仏陀の悟りはもちろんのこと、
インド・アーリア文化の宇宙哲学から
農村に伝わる民間信仰までのことごとく
を体系化した、膨大な宇宙観であった。

 龍猛は、大日如来と金剛サツタという
宇宙意識の象徴に続く、人間として最初
の法灯であり、真言密教の第三祖と
されている。彼に続く第四祖の龍智も、
七百歳という伝説上の人物で、第五祖の
金剛智三蔵からが史実的人物となる。

 金剛智(ヴァジュラボーディ)は、
ナーランダ大学で般若の先輩にあたる。
719年に唐に渡り、始めて密教を
伝えている。般若が南インドの「鉄塔」
に旅をする57年前の事である。

 ともあれ般若は、南インド・クリシュナ
川中流域の地で、ダルマヤシャ(達摩耶舎)
という僧からヨーガを学んで、瞑想体験
を深めてゆく。密教は学問の道から入って、
さらにそれを突き抜けてゆく。宇宙意識
と完全に一体となった時、密教とは何か
が理解出来るのである。
79
最初 前へ 76777879808182 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ