歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第2章 東方精神の章(仏・密・禅)
○密教伝承


 空海には二人の師がいる。一人は
言うまでもなく、真言密教第七祖の
恵果。もう一人は、空海にサンス
クリット語を教えた般若三蔵である。
彼の原名はプラジャニャーと言う。
一切の事物や道理を洞察する深い
叡智という意味で、般若はその
漢名である。

 般若は734年、カーピシー国
(現・アフガニスタン・カブール
北東約73ベグラーム)で生まれた。
カーピシー国は、6000メートル
級の山々が連なるヒンズークシ山脈
のすそ野に広がる高原地帯で、標高
は1700メートル。紀元1~2世紀
に、北インドからガンダーラ一帯を
領有していたカニシカ王の夏の都、
つまり避暑地として栄えたところで
ある。カニシカ王は、冬をインド
諸国で過ごし、春はガンダーラ城
(現・パキスタン・ペシャワール)
で過ごしたという。

 カニシカ王の在位は、紀元144年
から170年頃と言われている。その
間、第4回仏典結集(けつじゅう)や、
プルシャプラ(ペシャワール)の大塔の
建設を行うなど、仏教を保護し、
クシャーナ朝の最盛期を築きあげた。
インダス川とカブール川にはさまれた
ガンダーラ大平原に、史上最初の仏像
が生み出されたのもこの頃である。
76
最初 前へ 73747576777879 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ