歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第2章 東方精神の章(仏・密・禅)
 時代は中国に仏教が理解
され始めた頃である。呂光は
一軍の将として教養もあり
馬鹿ではないが、仏教僧の
戒律には違和感があったのだ
ろう。呂光は鳩摩羅什と王の
娘を1つ部屋に閉じ込めた。

「妻にしなければ娘を殺す」

 究極の選択を強いられ、彼
は戒律を破った。当然の事
ながら、彼は破戒の罪に苦し
んだ。この事件は鳩摩羅什が
霊的覚醒に至るためには必要
不可欠だった。

「囚われた者は幸いである。
 彼は解放されるだろう」

(誰だったか、似たような
フレーズ使ってたような気
がする)

 鳩摩羅什は呂光の軍師として、
18年涼州で過ごした。401
年後秦の朝廷に招かれて長安へ。
サンスクリット経典の漢訳に
従事する。彼が訳した経典は、
特に日本仏教の基礎経典となる。
座禅三昧経は禅宗、仏説阿弥陀
経は浄土宗、妙法蓮華経は
日蓮宗、そして摩訶般若波羅
蜜多経には、あの有名な名訳
が登場する。

「色即是空 空即是色」
75
最初 前へ 72737475767778 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ