歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第2章 東方精神の章(仏・密・禅)
○龍樹

 ローマ帝国5賢帝の時代、南
インドに第2の仏陀と称賛された
僧がいた。ナーガルジュナ。漢訳
名・龍樹。般若経の基礎である空
の思想を説いて大乗仏教を確立
させた人物である。

 南インドはアーンドラ朝の時代。
若き龍樹は3人の悪友と共に隠行
の法という姿が見えなくなる秘法
を用いて、後宮(ハーレム)に忍び
込み、美女を手当たり次第に犯し
て回った。ところが自然の摂理に
よって、2~3ヶ月もすると美女
たちが揃って妊娠。身に覚えの
ない王は激怒して犯人探しに乗り
出した。悪友3人は捕らえられて
殺され、王の後ろに隠れた龍樹
だけが助かった。

「やはり愛欲は苦の原因で
 あったか 」

と龍樹は出家を決意する。幼い頃
からバラモン経典を暗記して理解
していた下地があったので、小乗
の経典は90日で読破した。ヒマ
ラヤでは老比丘から般若経を授け
られ、その後インド中を遍歴。
マハーナーガ(大龍菩薩)から華厳
経を授けられ、その深い意味を
悟った。龍樹が空の思想を著した
「中論」は、鳩摩羅什(くまら
じゅう)によって中国に伝わり、
シャーンタラクシタによって
チベットへと伝えられた。
72
最初 前へ 69707172737475 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ