歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第2章 東方精神の章(仏・密・禅)
○シュリハンドクの逸話


 私が仏教で最も好きな
逸話は、シュリハンドクに
関する話だ。彼は今聞いた
事も忘れてしまうような
愚か者として知られていた。

 釈迦はこの弟子に白い布
を持たせ、ひたすら拭き
掃除する事を教えた。拭き
掃除をしながら、「塵を
払い垢を除け」と唱えな
さい。そうすれば人の心も
清められてゆくものだよ
・・と。

 ある日釈迦は、彼に自分に
代わって説教するように命
じた。弟子たちは「あの愚か
者に説教など出来るわけが
ない」と見くびっていた。
彼は壇上に立つと、「塵を
払い垢をのぞけ」と3回
繰り返し合掌すると黙って
檀を下りた。

 そこは釈迦弟子。心の塵を
払い心の垢を除け」という
深い意味の説法であったと、
深い意味を理解した・・と
いう話である。

 仏陀はそれほど難しい事を
言っているわけじゃない。
けれどどういうわけだか、皆
「心=観念=思い込みの集積=
塵・梁・垢」にすぎないことが
理解出来ず、いたずらに観念
の牢獄の中で悶え苦しんで病
を作り出しているようだ。
69
最初 前へ 66676869707172 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ