歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第2章 東方精神の章(仏・密・禅)
 死ねば全てが無くなる、
魂など存在しないという信念
を持った死後の霊魂は、霊魂
である身体を受け入れず、
地上と中有世界の中間に
在って彷徨い続ける。もはや
そこには無い肉体に執着し、
肉体の老・病・死の苦しみ
の感覚を捨てていないので、
誰かに取りすがって苦しみを
取り除いてもらおうとする。

 また修羅に重なり合う領域
においては、宗教的煽動者が
罪や穢れ、カルマなどの恐怖心
を人々に植え付け、心身共に
搾取していた。恐怖心に囚わ
れた霊魂は、理不尽なわが身
を呪いながらやり場のない怒り
や憎悪、嫌悪を蓄積させていた。
そうした感情に縁(よ)って
攻撃行動が誘発し、際限の
ない修羅へと呑まれてゆく。
あるいは自分自身を責め苛む。

 沙門ゴータマもまた、そう
した修羅の領域へ引き込まれ
つつあった。母マーヤーが自分
を産んで間もなく死んだのは、
前世において自分と母の間に、
悪しきカルマがあったからに
違いないと思っていた。それ
ゆえに母を殺してしまったの
だと。沙門ゴータマは苦行に
よって自分を責め苛み、ある
いは死ぬ事によって悪しき
カルマを解消しようとして
いた。

 沙門ゴータマが中有世界から
死後の領域に引き込まれようと
した刹那、頭頂から脳内に向け
て声が響き渡った。

「ゴータマよ・・何ゆえに
 肉体を厭うのか?」
62
最初 前へ 59606162636465 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ