歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第2章 東方精神の章(仏・密・禅)
 沙門ゴータマは、ひとまず都の
北門近くの山中の窟に居を定めた。
シャカ族の王子が出家して都に
在るという噂は、すぐにビンビ
サーラ王のもとにも届いた。王
はわざわざ山中の窟に出向き、
沙門ゴータマと対面した。

「シャカ族の王子よ。わが屈強の
 精鋭軍団と財を提供します。
 あなたは北方からコーサラ国を
 撃ちにしようではありませんか。」

 沙門ゴータマは、バラモンが説く
解脱の境地を求めて修行中であると
いう決意を語り、ビンビサーラ王の
申し出をやんわりと断った。

 ビンビサーラ王は沙門ゴータマ
成道の後、都の北門近くの竹林
精舎を寄進し、自らも仏弟子と
なった人物である。バラモン教
に関する教養も深かった。

「今、都で最高の禅定を説いている
 のは、ウガッタ・ラーマ・プッタ
 でしょう。」

 沙門ゴータマは王の勧めに従って
彼を訪ね、道を問うた。彼は「非想
非非想処」の境地を示した。これは
無色界最上段にして世界最高の、
有頂天の禅定であるという。想うに
非ず(非想)、想わざるにも非ず(非非
想)。

 無色界とは欲望も物質的条件
(ルーパ=色)も超越した精神作用
のみの世界で、境地によって4つ
に分かれる。色とは有名な色即是空
の色である。アーラーラ・カー
ラーマが説く無色界第1天は、空間
が無限大であると思惟する空無辺処
の禅定。第2天は識無辺処。
ヴィンニャーナ(識)とは、識別作用
を行う意識のことで、それは無限大
であると認識すること。第3天は
無も無く有も無いと認識する無所
有処の空観。いずれも瞑想によって
しか認識出来ない。
56
最初 前へ 53545556575859 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ