歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第2章 東方精神の章(仏・密・禅)
 そのとき無もなかりき。無とは
何も無いという意味の無の事だ。
そのとき有もなかりき。有とは
存在するものという意味だ。無に
非ず有に非ず。これををアーカ
シャー(空)という。精気を孕んで
遍在し、ここから万有が生まれた。
後に空即是色として私たちが知る
思想である。空観は大乗仏教の
オリジナルではない。

 そのアーカシャーにブラフマー
ンダ(宇宙卵)が漂っていた。無限
の宇宙には宇宙卵が数多く存在し、
その1つ1つが一個の宇宙を形成
しているという。宇宙卵から
「かの唯一物」宇宙の最高原理
ブラフマンが発動し、自らの体で
あるプラクリティから原初の水を
生み出した。自然界の宇宙を
つくり出す根源的な力をクンダ
リーニという。その水に種を蒔く
と、種は金色に光り輝き、黄金の
宇宙卵へと成長していった。卵の
中では人格を持ったブラフマン神
が瞑想していた。1年後ブラフ
マン神は卵を割り、天界と地界
と空界の三界を創造し、あらゆる
生命と森羅万象を創造した。

 ブラフマンが発動以前は眠って
いたように、小宇宙である人間の
個体原理アートマンも眠っている
と聖者は観察した。アートマンは
人体の殻を着て、人間の夢を見て
眠っているのだ。ブラフマンと
一体になるためには、アートマン
が人間の夢から目覚め、自らの
本質がブラフマンと同じものだと
気づく必要がある。その為には
まず、ムーラプラクリティ(原
物質)が持っているエネルギーで
ある、クンダリーニを目覚めさせ
る必要がある。
51
最初 前へ 48495051525354 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ