歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第1章 海と潮流の章(星と海はロマンと伝説の宝庫)
 夕刻、中納言教盛(のりもり)、修理
太夫経盛、小松中将資盛(すけもり)、
左馬頭(さまのかみ)行盛が次々に入水。
これを見届けた知盛もその後を追って
入水した。平家武者は誰一人切腹
していない点、興味深い。安徳天皇は
二位の尼に抱かれたまま、東に
向かって伊勢神宮に別れの言葉を述べ、
西方浄土へ向かって念仏を唱えた後、
入水した。
 総大将・宗盛と清宗父子は捕らえられ、
後に斬首。端武者850人は、生かして
おいても面倒なりと、その場で首を刎ね、
海中に投棄した。ここにおいて、貿易
立国を目指した平清盛の悲願は虚しく
海中に没し、軍事大国への歴史が幕を
開ける事になったのである。

39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ