歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第1章 海と潮流の章(星と海はロマンと伝説の宝庫)
 面白いことに、古代ギリシャで地動説
を唱えたアリスタルコス(BC310~
230頃)も、冥王星・さそり座の時期
の人物である。紀元前後はエジプト女王
クレオパトラが自殺して、古代ギリシャ
系の文明が終焉を迎え、それに代わって
ローマ帝国が台頭。イエス・キリストが
刑死して、「死と復活」のキリスト教が
始まるのである。

 大航海時代とルネサンスを招来した
技術的革新は、羅針盤と火薬と活版印刷
である。これはいずれも10世紀末から
11世紀始めに中国で発明されたもの
で、十字軍時代に結成されたテンプル
騎士団が、東方貿易によってヨーロッパ
世界にもたらしたものである。

 テンプル騎士団は、東方貿易で得た
巨富を国王に貸すほどの実力を持ち、
城と修道院を兼ねた本部がフランス
国内だけで1万余と言われる。彼ら
は貸し金庫システムや複式簿記などの
近代経理技術を用い、航海術、測量、
建築、兵器に関する最先端技術を保持
していた。神曲の作者としてルネサンス
のさきがけとなったダンテ(1265~
1321)もこの団員であり、ダ・ビンチ
も「シオンのノートルダム騎士団」と
いう秘密結社の大修道院長だった。
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ