歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第1章 海と潮流の章(星と海はロマンと伝説の宝庫)
 前回冥王星がさそり座に同座した
のは、1737~1761年前後の
頃。イギリスで紡績機の発明が
相次ぎ、産業革命が始まった時期に
あたる。

 冥王星の象意は「消滅と刷新」。
それまでにはなかった新技術によって、
国際政治を含む社会生活や人々の意識
が劇的に変化する状態を示している。
 18世紀中頃、ワット(1736~
1819)が開発した蒸気機関という
「種」は、冥王星がいて座を運行する
次の時代に、蒸気機関車と蒸気船の
発明へと「結実」してゆく。原料の
石炭と鉄の生産確保が国家的課題と
なり、大量生産・大量輸送・大量
消費の時代を招来して現代に至る
のである。

 前々回の15世紀末から16世紀
初頭は、まさに「消滅と刷新」の
時代だった。コロンブス(1446~
1506)の米大陸発見と、ヴァスコ・
ダ・ガマ(1469~1524)の
インド航路発見。マゼラン(1480~
1521)船団の世界周航という
大航海時代。スペイン人のコルテス
(1485~1547)とピサロ
(1470~1541)は、メキシコ
とペルーにおいて、アステカ・
インカ文明を滅亡させている。

 イタリアではレオナルド・ダ・
ビンチ(1452~1519)、
ミケランジェロ(1475~1564)、
ラファエロ(1483~1520)らの
天才が活躍した、ルネサンス最高潮の
時期。ポーランドのコペルニクス
(1473~1543)は地動説を唱え、
従来の宇宙観を根底から覆した。
14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ