歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第1章 海と潮流の章(星と海はロマンと伝説の宝庫)
○冥王星


 「♪いいえ私はさそり座の女♪」と、
美川憲一が妖艶に歌う。「♪さそりの
毒は後で効くのよ♪」と、さそり座の
女は何やら恐ろしそうである。西洋
占星術で言うさそり座は、10月24日~
11月22日生まれの人々で、黄道
12宮の中の8番目。フランス革命で
断頭台の露と消えたマリー・アントワ
ネット、モナコ王妃のグレース・ケリー、
画家のマリー・ローランサンや女優の
ビビアン・リー、キャサリン・ヘップ
バーン、松井須磨子、大原麗子や由美
かおるなどがさそり座の女の代表で
ある。なるほど「深くて濃い」かも
しれない。

 さそり座の守護星は冥王星。1979~
1999年までは海王星の内側を回って
いたが、基本的には太陽系最遠の惑星と
して、59億km彼方の軌道を
約247年かけて公転している。

 この惑星の動きを占星術で用いる
ホロスコープに置き換えると、冥王星
は250年ごとにホームグラウンドで
あるさそり座に帰ってくる事になる。
今回は20世紀末の1984年に入座し、
21世紀初頭まで同座する。占星術では
250年に1度の大改革の象意とされて
いる。確かに時代は激変している。しかし
何がどう変化し、どこへ向かおうとして
いるのかという疑問はある。冥王星から
のメッセージを読み解いてみるとしよう
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ