歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第2章 東方精神の章(仏・密・禅)
○東洋的センス


 多少荒っぽい表現ながら、これ
までの人類の文明を総括して
ひと言で表すと

「神殿を中心にして発展して
きた文明」となる。神殿の中
には神と、その代理人である
宗教的権威が存在し、多数の
信者や民衆といったヒエラルキー
構造をつくり上げている。その
代表例が聖書を思考の中心に
据えた、キリスト教などの聖書
文明である。

 ピラミッド構造のヒエラル
キーは「支配と服従」の関係
で成り立ち、この心理構造が、
生活規範や倫理・行動様式
などを決定している。なぜ
この構造が人間社会の中で
連綿として続いているかに
ついては

「人間を含めあらゆる動物の
 集団の中には、積極性と
 指導的素質を持った者が
 5%いる。残り95%は
 程度の差こそあれ消極的
 である」
114
最初 前へ 111112113114115116117 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ