歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第2章 東方精神の章(仏・密・禅)
○地獄の心


 仏教と密教は、漢字1文字
の用語解説から始めないと
ならない。「瞋(しん)」と
いう漢字を登録する事から
始めてみる。難しい文字だが、
この1文字で、人間社会に
蔓延している「いじめ」から
戦争まで、心の地獄を十分に
表現している。地獄の心理
分析なら仏教だろう!! 
 
・瞋(しん)心=人間の根本悪。
 一番よくない煩悩。ものごと
 が自分の思ったとおりにいか
 ないことを不愉快に思う
 ところから始まる。あるいは
 自分とちがうものに対して、
  不快を感ずるところから
 起きる。

 「ムカつく/超ウザイ/
  ぶっ殺してやりたい」
 
 腹が立つ・・・自分と違った
 もの、自分の気に食わない
 ものすべてを仇敵とする事
 になる。世の中、三千世界を
 すべて敵にしてしまう。
 心の地獄。

「怒り」は表に出る。「瞋
(いか)り」は心の中で相手を
憎悪する。瞋りが次第に
大きくなると「戦争」になる。
109
最初 前へ 106107108109110111112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ