歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/25
最終更新日:2011/03/25 12:27

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱3(東洋文明編)」 第2章 東方精神の章(仏・密・禅)
○沢庵宗彭(たくあんそうほう)


 BC2700年のピラミ
ッド建設作業員の配給記録に、
ビールやニンニクと並んで
大根が登場する。大根はエジ
プトからシルクロードを経て
来日し、少なくとも奈良時代
には広く栽培されていた。
ブリ大根やおでんなどの煮物
にすれば旨みを十分に吸い、
おろしは魚の美味さを引き
立ててくれる。大根はどんな
調理法にも合う重宝な野菜
なのである。

 干し大根を塩と米ぬかで
漬けるとタクアンになる。
ごはんによし、酒にもお茶
にも合う。この漬物の考案者
は、江戸時代初期の禅僧・
沢庵宗彭だと言われている。
ちなみに沢庵は、米ぬかに
ワラを細かく刻んで混ぜる
という工夫をしている。

 沢庵は1573(天正元)年
12月1日但馬国出石(たじま
のくにいづし)兵庫県出石郡
出石町)に、秋庭能登守綱典
(あきばのとのかみつなのり)
を父として生まれた。この年
織田信長は浅井・朝倉連合軍
を破り、武田信玄が病没して
いる。時代は戦国を脱し、
全国統一に向けて動き始めて
いた。

 10歳の時、出石の浄土宗
唱念寺で出家し、無量寿経・
観無量寿経・阿弥陀経の浄土
三部経の写経を行った。
しかし浄土を信仰するより、
仏陀の悟りとは何なのかを
知りたいと希求し、14歳で
出石の臨済宗宗鏡寺の希先
西堂に入門した。

 1594(文禄3)年22歳。
希先の没後、京都・臨済宗
大徳寺三玄院で春屋禅師の
門下となり、法名を宗彭と
改めた。ここで彼は、1人
の剣士と知り合う。無刀取り
という剣術の奥義を極めた、
柳生石舟斎宗厳(むねよし)の
五男・又右衛門宗矩(またえ
もんむねのり)である。二人
は以後、生涯を通じた禅友と
なる。
102
最初 前へ 99100101102103104105 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ