今昔玉手箱2/聖書文明編
今昔玉手箱2/聖書文明編
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/24
最終更新日:2011/03/24 13:09

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
今昔玉手箱2/聖書文明編 第1章 オリエントの章(旧約聖書の世界)
○ユダヤ受難史


 1923年に発行されたドイツの
新聞「突撃者(デア・シュチュルマー)」
をヒトラーは特に好んで、隅から隅
まで読んだと語っている。

「ユダヤ人と南京虫はおたがいに
ひどく似通っている。どちらも害虫
なのだ。どちらも常にまずぼろと
古着の間から出てくる。彼らは東方
からわれわれのもとにやって来た・・」
とは、繰り返される反ユダヤ宣伝の
ほんの一節である。

 殺人は相手が同種の場合、殺し
の抑制機能が強く働くという。
だが相手を「異種」と見なすと、
心理的すり替えというかごまかし
作用によって、攻撃行動が大胆に
起きやすくなるという。キタナイ
モノ(汚物)やカワッタモノ(異物)
を無価値だと「主観的に思い込む」
と、抹殺の対象にすりかわるの
である。人間ならば殺す事を
ためらうが、南京虫ならばサイ
クロンBのような青酸系殺虫剤
で殺してもかまわないというわけ
である。ただしこの毒物、本当
に人間が殺せるかどうかには
多少の疑問があるのだが。
50
最初 前へ 47484950515253 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ