今昔玉手箱2/聖書文明編
今昔玉手箱2/聖書文明編
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/24
最終更新日:2011/03/24 13:09

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
今昔玉手箱2/聖書文明編 第1章 オリエントの章(旧約聖書の世界)
 ダビデが40年間専制統治した後、
王権はその子ソロモンへと引き継が
れた。BC965年の事である。
ソロモンは軍を掌握して政敵を粛清
した後、エルサレムに神殿や宮殿を
建設させた。宮殿にはソロモンの妃
700人と側室300人が住んだと
いう。満足な武器も持たなかった
サウルの時代から、わずか70年後
の事である。

 ソロモンは39年統治して、BC
926年に没した。王国は再び南北朝
に分裂し、イスラエル王国全盛の栄華
は、一睡の夢と共に去った。北王国は
以後200年間に19人が王位に就き、
クーデターで9人が王位を追われ、
8人が暗殺か自殺に追い込まれた。
その内戦で国内は荒廃し、北方の
アッシリア帝国に再三にわたって
略奪を許した。

 BC721年、アッシリアの
サルゴン2世軍は、北王国の首都
サマリアを3年間包囲して兵糧攻め
にした後陥落させ、住民全てを奴隷
として連れ去った。貴族階級約2万
7千人は、「ハラフとハホル、
すなわちゴザンの川のほとりメディア
の町に置いた(列王記下18章11)」
とある。現在のイラク北西部・クルジス
タン地方である。彼らを「イスラエルの
失われた10支族」と呼ぶ。

 メソポタミアからエジプトまでを
支配したアッシリア帝国も、BC
612年新バビロニア王国によって
滅ぼされる。この時北王国で捕囚
された人々も解放され、農民層は
南王国ユダに帰還したという。
44
最初 前へ 41424344454647 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ