今昔玉手箱2/聖書文明編
今昔玉手箱2/聖書文明編
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/24
最終更新日:2011/03/24 13:09

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
今昔玉手箱2/聖書文明編 第1章 オリエントの章(旧約聖書の世界)
○ユダヤ古王国


 BC1200年頃、カナン
(パレスチナ)の人口は、4万
5千人程だった。周辺地域は
大動乱の時期で、鉄のヒッタイト
帝国やミケーネ文明・トロイア
文明などが次々に滅んでいった。
滅ぼしたのは「海の民」と呼ば
れる、アカイア人・カフトル
(クレタ)人・ペリシテ人などの
混成集団だった。
 ペリシテ人はカナン地方に、
アシュドド、アシュケロン、
エクロン、ガド、ガザの5都市
国家を征服し、ヒッタイトから
製鉄法を学んで重装歩兵と戦車
軍団で武装していた。

 この頃モーゼ~ヨシュアが率いて
きたイスラエルの民は、シナイ半島
北部山岳地帯にあって、約束の地で
あるカナン平野部へ侵入する機会を
うかがっていた。だが遊牧の民で
あるイスラエルには鉄工がおらず、
ペリシテ軍とまともに戦える
ような状態ではなかった。

 BC1010年頃、ベニヤミン族
のサウルは2000~3000人の
ゲリラ部隊を率いて戦うが、
ペリシテ軍の反撃にあい息子の
ヨナタン共々戦死する。そこに登場
するのが、ユダ族のダビデである。
妻はサウルの娘なのだが、ペリシテ
軍の巨人ゴリアテを倒すなど、数々
の武功をたてた人気者だった為、
サウルが嫉妬して殺そうとした
男だった。
42
最初 前へ 39404142434445 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ