今昔玉手箱2/聖書文明編
今昔玉手箱2/聖書文明編
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/24
最終更新日:2011/03/24 13:09

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
今昔玉手箱2/聖書文明編 第1章 オリエントの章(旧約聖書の世界)
 彼らは海の遊牧民と言われる
海洋交易民族で、トルコのビザン
チオン(イスタンブール)、ロードス島、
キプロス島、シチリア島、クレタ島、
ギリシャのアテネやスパルタ、
北アフリカ・カルタゴなど、地中海
全域に根拠地を建設し、スーダンの
金やレバノン杉などを交易していた。

 外洋航海の技術や知識は、クレタ流
と言われる。BC2000~1700
年頃に栄えたクレタ文明のミノア人も、
優れた海洋民族だった。ギリシャの
歴史家・ヘロドトスは、フェニキア人
が紅海を発して南の海を航行し、
3年目にヘラクレスの柱
(ジブラルタル海峡)を回って再び
エジプトに帰ってきたと、アフリカ
大陸周航の事実を記している。

 またフェニキア人は、当時スペイン
やフランスに居住していたケルト人と、
鉱山開発や貿易を通じて協力関係に
あった。ケルト人は、ドナウ・ライン・
セーヌ・ロワール川などの河川を利用
した交易集団でもあった。フェニキア
船団は、ケルト人やユダヤ人、エジ
プト人やギリシャ人などが混在する
多民族混成旅団だった。

 しかし彼らには共通の信仰があった。
セム語で「主」を意味する牛の神バール
である。クレタのミノッソス、エジプト
のイシスも牡牛に象徴される。ユダヤ王
ソロモンの玉座には、黄金の仔牛アモン
が刻まれ、ゾロアスター教のミトラ神
の原型もバール神である。何故牡牛なの
かはよくわからないが、源流は伝説の
アトランティス文明にあるとも言われ
ている。
35
最初 前へ 32333435363738 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ