今昔玉手箱2/聖書文明編
今昔玉手箱2/聖書文明編
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/24
最終更新日:2011/03/24 13:09

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
今昔玉手箱2/聖書文明編 第1章 オリエントの章(旧約聖書の世界)
○アブラハム


 旧約聖書によると、ノアの大洪水
によってそれまでの文明は全て滅び、
生き残ったノアの息子、セム、ハム、
ヤペテが人類文明を再創造してゆく
事になる。

 セムは箱船が漂着したトルコの
アララト山から東に向い、ユダヤ人・
アラブ人・シリア人・トルコ人・
中国人など、有色アジア人種・
モンゴロイドの祖となった。

 ヤペテはアーリア人・アングロ
サクソン人・ギリシャ人・スラブ人・
ペルシャ人など、白人系コーカソイド
の祖となった。

 ハムの子カナンは、酔って寝て
いたノアの裸を見てしまった為に、
どういうわけか呪われてしまう。
ハムの子孫はアフリカ諸国で、黒人
ネグロイドの祖となった。

 セムの孫エベルの子孫全体を
「ヘブル人」と呼ぶ。旧約聖書の
大半はヘブル語で書かれている。
このエベルの子孫に、今回の主役・
アブラハムがいる。アブラハムの
孫・ヤコブの子孫全体をさして
「イスラエル人」と呼ぶ。彼らは
後に、カナンの地にイスラエル
王朝を築く。王朝はBC930年
に北王国イスラエルと南王国ユダ
に分裂するのだが、ユダ王国の
子孫を「ユダヤ人」と呼んでいる。
30
最初 前へ 27282930313233 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ