今昔玉手箱2/聖書文明編
今昔玉手箱2/聖書文明編
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/24
最終更新日:2011/03/24 13:09

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
今昔玉手箱2/聖書文明編 第1章 オリエントの章(旧約聖書の世界)
 ゼウスは長男の鍛冶神・ヘイ
パイトスと共に、第二世代の
人間をつくり出した。だが、
プロメテウス作の人間に比べ
ると、完成度がずっと劣って
いた。神の息吹を吹き込む工程
で、ゼウスの戦闘的性格が混入
した為か、人間たちは互いに
争い、傷つけあう事を常とした。

ゼウスは第二世代(白銀の種族)
を大地に埋め、続けて第三世代
(青銅の種族)をつくった。しかし
質は落ちる一方で、これまた
戦争ばかりを好む種族になって
しまった。
 ゼウスにも、オリンポスの
主神としての意地がある。外様
であるプロメテウスに、人間を
つくってくれとは頼めない。
ゼウスは自ら人間の女たちと
交わり、 第4世代の人間を
つくる。この世代が、ギリシャ
神話中最も有名な「英雄の種族」
である。

 ゼウスが人間づくりで苦労
していた頃、プロメテウスと
弟のエピメテウスは、「生命」
に関する仕事を着々とこなし
ていた。地上や海中に生存
しているありとあらゆる種族
に、それぞれ一つずつ身を守る
「武器」を与えるという仕事だ
った。プロメテウスが基本設計
とアイディアを担当し、エピメ
テウスが制作するという共同
作業で行われた。サソリには
猛毒を、ピューマには最速の足
を、象には便利で長い鼻を、
ネズミにはすばしっこさを・・
といった具合である。

 最後に残った種族は「人間」
だった。プロメテウスが最初
につくった人間に比べると、
寿命も短く、神の英知も潜在化
してしまっている。とはいえ、
「創造力」と名付けられた神の
英知は、努力次第で顕在化する
性質を持っている。先見者と
言われるプロメテウスは、
人間に備わった性質を考慮し、
「創造力」を外部から刺激する
方法を思いついた。それは
「神の火」を人間に分け与える
という事だった。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ