今昔玉手箱2/聖書文明編
今昔玉手箱2/聖書文明編
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/24
最終更新日:2011/03/24 13:09

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
今昔玉手箱2/聖書文明編 第1章 オリエントの章(旧約聖書の世界)
○人間誕生

 「人間だけはどうしても私の
進化論では説明出来ない」と、
チャールズ・ダーウィン(1809~
1882)は嘆いた。確かに人間
も進化論も、何かおかしい。

 そもそも猿とは5500万年前
に、地ネズミが木に登って手を
発達させたのが始まりだという。
中国湖南省からは、5500万年
前の霊長類化石骨が、ミャンマー
中西部からは4000万年前の
真猿類の頭部が発見されている。
キツネザルやメガネザルなどの
原猿類、真猿類はこの頃から
生息していたとみてよい。

 チンパンジーやゴリラ、オラ
ウータン、ニホンザル、クモザル
などの類人猿は、3400万年前
に登場したものと思われる。
しかしそれ以来、これといった
進化はしていないように見える。
 アフリカでチンパンジーと猿人
が分かれたとされるのが、DNA
分析でおよそ700万年前の事。
以来人間は、数回にわたる大突然
変異を行い、現在の文明生活を
営んでいる。種における変化には、
何千万年から1億年かかるはず
なのにである。カブトガニやクラゲ
は、2億年前の古生代から変わらぬ
姿で今日まで生き延びている。
人間の進化は異常に早いのである。
25
最初 前へ 22232425262728 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ