今昔玉手箱2/聖書文明編
今昔玉手箱2/聖書文明編
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/24
最終更新日:2011/03/24 13:09

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
今昔玉手箱2/聖書文明編 第1章 オリエントの章(旧約聖書の世界)
<月曜日生まれ/オレンジ・銀>

・マネ、マグリット、ルドン、
 ハイドン、クララ・シューマン
 トスカニーニ、ツルゲーネフ、
 ロマンロラン、親鸞、チャーチル、
 伊丹十三、武田鉄矢、王貞治、
 丹波哲郎、高田賢三、井上揚水
 俵万智、池田理代子

・第2段階「海と陸をつくって
 分けた」海は女で陸は男男女
 の運命の本質を暗示する

・人生の主題/生か死か

・柵の向こう側の世界を拒否
 しながら、同時に現世に対し
 ても絶望している思想 生命
 と死の観念が強く、このふたつ
 がバランスをとっている

・直観力があり、カンで判断
 して90%以上の確率で当たる
 ロマンチック。空想力に富み、
 イメージを広げ、素晴らしい
 風景を前にすると、自分を
 主人公に夢のドラマをつく
 ったりする。趣味や仕事は
 粘り強い

・女性の場合母性愛に富み、
 同時に自己保存性も強い。
 デリケートでよく傷つき、
 自分の世界の中で自分を
 なぐさめ、逞しく立ち直る。
 気分屋で仕事・勉強にムラ
 がある。日常の言動は
 オーバーなところがあり、
 自分をよく見せたいために、
 無意識的に嘘をついたり
 する。時には信じられない
 くらい猪突猛進をしたり、
 合理的に物事を割り切る
 ところがあるので、利己的
 にみられる。心の安定性に
 欠け、不平も多い。


19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ