今昔玉手箱2/聖書文明編
今昔玉手箱2/聖書文明編
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/24
最終更新日:2011/03/24 13:09

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
今昔玉手箱2/聖書文明編 第1章 オリエントの章(旧約聖書の世界)
 超新星爆発の星間物質から
太陽系が生まれ、40億年余
の生命進化のプロセスを経て
人間が誕生する。それをたった
ひと言で表現すると「ヒトは
星クズから生まれた」となる。
極端に圧縮されているが、
間違いではない。

 約6億年前に最初の多細胞
生物が出現して以来、遺伝子
の指令は「生めよ、ふえよ、
海の水に満ちよ。また鳥は地
にふえよ」だった。ただし
古生代・中生代・新生代と
いう時代区分が示すように、
時代と時代の間には、生物の
大絶滅があった。恐竜の絶滅
は今から6500万年前の
こと。地球に直径200km
の小惑星が衝突して、大気中
に飛び散った粉塵が太陽光を
遮り寒冷化して、動植物が絶え
たという。

 大いなる獣はヘブル語で
タニニム。海蛇・怪物・ワニ
の意味だという。鳥の先祖も
恐竜だと思われていた。18
61年に発見された、中生代・
始祖鳥の化石が恐竜と似て
いたからだ。後にこの見解は
否定され、恐竜と鳥は別々に
進化したのかもしれないとも
言われ、議論が分かれている。
ここでは恐竜と鳥が並列的に
扱われている。


・第6段階/神はまた言われた。
 「地は生き物の種類に従って
 生み出せ。家畜と這うものと、
 地の獣とを種類に従って生み
 出せ」そのようになった。神
 はまた言われた。「われわれ
 のかたちに、われわれにかた
 どって人を造り、これに海の
 魚と、空の鳥と、家畜と、地
 のすべての獣と、地のすべて
 の這うものとを治めさせよう。」
 神は自分のかたちに人を創造
 された。すなわち神のかたち
 に創造し、男と女を創造され
 た。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ