歴史エッセイ集「今昔玉手箱」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/11
最終更新日:2011/03/11 11:01

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱」 第2章 幻の章(おとぎ話や妖怪の事など)
○ゲゲゲのゲ


 夏はなぜか怪談の季節である。
怪談話の達人である某講釈師の
話によると、美人が化けて出ると
「幽霊」、そうでない人が化けて
出ると「お化け」と呼ぶのだそう
である。「幽」という文字は、
かすかにという意味がある。闇
深き深夜、青白き薄衣の美女が
かすかに現れれば、背筋も凍る
というものだろう。

 目に見えない世界にも、さま
ざまな分類・名称がある。妖怪
は現実世界に近く、割とイメージ
しやすい。金権腐敗で逮捕された
「妖怪デロデロバー」といった
感じの昭和の政治家や、薬害事件
の教授や、宗教的テロのあの教祖
を思い浮かべればいい。下品で
醜悪で気持ち悪い。陰気で湿っぽく
てカビ臭い。そんな世界の住人
らしい。

 魑魅魍魎(ちみもうりょう)や
物の怪(もののけ)は、妖怪とは
おもむきを異にする。魑魅(ちみ)
とは、和名で「スダマ」。棲み
潜む魂(たま)という意味で、自然界
の石や樹から生じた人面の怪物
だという。原産地は中国である。
魍魎も似たようなものだ。人間界
で使用されている道具が、長い
年月を経て変化(へんげ)したのが
物の怪である。一反木綿や塗り壁、
唐傘お化けなどは、物の怪世界の
住人だろう。
38
最初 前へ 35363738394041 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ