歴史エッセイ集「今昔玉手箱」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/11
最終更新日:2011/03/11 11:01

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱」 第2章 幻の章(おとぎ話や妖怪の事など)
 鬼が島の宝を得て帰国した
桃太郎は、その宝を元手に
高利貸しを始めて、人々から
「オニ」と呼ばれた・・など
という噂もある。

 桃の節句は、中国の「上巳
(じょうし)の祓い」という
風習を取り入れたもので、
平安時代に陰陽師(おんみょうじ)
が、三月の巳(み)の日に
「撫物(なでもの/紙製の人形
(ひとがた)」を川原で祓って
流した。これが流し雛の始まり
で、だんだんに飾り雛に発展
していったらしい。旧暦の
3月3日頃、ちょうど桃の花
が咲いていた。気候も良し、
野山に出て菜を摘み、飲食
するに良しという事で、雛壇
に桃の花を飾り、白酒で祝い、
菱餅を供えたのだ。なんとも
のどかな、春の祭りである。

 さて、桃太郎が退治した
「鬼」は、「隠(おん)」
が語源だという。隠れた
存在全般を指す。邪馬台国
の卑弥呼は、「鬼道に仕え、
よく人を惑わす」と、魏志
倭人伝に書かれている。鬼道
とは即ち、鬼を使う道。鬼
とは、目に見えない超自然的
存在という事になる。卑弥呼
は鬼道によって口寄せし、
吉凶を占う巫女だったので
ある。

 鬼はまた、地下に埋もれた
もの、即ち「鉱物」とも関係
が深い。古代より修験道の霊山
には、必ず鬼や天狗の伝説が
あるのと同時に、黄金(くがね)
銀(しろがね)・銅(あかがね)・
鉛(あおがね)・鉄(くろがね/
真金まがね)・水銀(みずがね)
などの鉱山だった。修験者は
水銀から得た水を飲み、身を
黄金に変じて永遠の生命を
得ようと欲する、錬金術的
修行法を試みていたという。
36
最初 前へ 33343536373839 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ