歴史エッセイ集「今昔玉手箱」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/11
最終更新日:2011/03/11 11:01

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱」 第2章 幻の章(おとぎ話や妖怪の事など)
陰陽道などと言うと、何か
特殊な世界の事かと思い
がちだが、案外なじみ深い。
日本人の潜在的思考法に
色濃く反映されている。
物の怪(け)は鬼の姿をして
おり、北東方向(鬼門)から
やって来るという。家相や
風水では、常識として語ら
れる。

 物の怪を避けて家に閉じ
こもるのが「物忌み」。凶
なる方角をそらすのが「方違
(かたたが)え」である。
陰陽道にはこの他、動物霊
を用いて呪う「蠱毒(こどく)」
や、人形に釘を打って呪う
「厭魅(えんみ)」などの呪詛法
もあった。

 人を呪い、妬む感情は、
平安の世であろうと現代だろう
と、そう変わるものではない。
マーフィーの法則などで知ら
ている通り、人の想念には
大きな力がひそんでいる。
その力で社会的成功を得る
事も可能だが、人を呪殺する
事も出来るという。

 人を怨み、呪う感情の渦
は、怨霊や生霊となって現
れる。陰陽師はそれらから人
を守護する為に、十二神将や
三十六禽(きん)などの神格・
霊獣を「式神(しきがみ)」
として使役していた。関白・
藤原道長に向けられた呪詛
の念の大きさを思うと、
阿倍清明も相当難儀した
ものと察せられる。
33
最初 前へ 30313233343536 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ