歴史エッセイ集「今昔玉手箱」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/11
最終更新日:2011/03/11 11:01

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱」 第1章 江戸東京玉手箱(世界の大都市お江戸裏事情)
○風水都市・東京

 風水は道教起源の地相占術
で、三国志の英雄・諸葛孔明
が得意とした奇門遁甲を基本
にしている。大地の起伏や
山川草木の気のパワーを考慮
して、災厄や事故から遁れる
都や城を建設する方法を会得
する帝王学。運・不運の基準
になるのは「地理・風水・
陽宅」の3つ。地理は戦争時
の陣立てなどだ。

 現在風水師たちが主に占っ
ているのは、家相を見る風水
と陽宅。奈良・平城京も京都・
平安京も、青龍・白虎・朱雀・
玄武の四神相応をグランド
デザインとする風水都市
なのだ。江戸は徳川家康の
宗教参謀・天海によって
つくられた。江戸城の鬼門
には上野・寛永寺。裏鬼門
には目黒不動を配して邪気
を防ぎ、魔障を断つという
ように。

 ゆえに東京の№1パワー
スポットは、江戸城~皇居
なのだ。富士山からは5本
の龍脈が発しているが、
その1本は山梨県の都留
から大月・東京都・高尾、
高幡不動、府中、吉祥寺、
新宿を経て、天皇が最重要
儀式+公務を行う皇居
新宮殿に至る。

 皇居の鬼門には、天の気
を測る気象庁、裏鬼門には
国会議事堂がある。今の
お台場フジテレビ+汐留の
日テレははどうだか知ら
ないけれど、昭和の頃
テレビ局の玄関は皇居の
気を受けるため鬼門方向に
あったという。日本中な
発信される電波は、霊波
のようなものだとか。
30
最初 前へ 27282930313233 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ