歴史エッセイ集「今昔玉手箱」
歴史エッセイ集「今昔玉手箱」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/11
最終更新日:2011/03/11 11:01

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「今昔玉手箱」 第4章 黒の章(悲惨な戦争と希望の光)
 議論も出尽くした10日午前2時20分。
改めて御前会議を開いた昭和天皇裕仁
(44歳)は、ポツダム宣言受諾を決した。
いわゆる「聖断」である。
中天に浮かぶ冴えた月を見ながら、
阿南陸相はひそかに自刃を決意したという。
 10日午前6時45分。外務省電信課は、
スイスの加瀬俊一・スゥエーデンの岡本
季正両公使に宛てて、ポツダム宣言受諾
の電報を発信。8時15分にはUP電
ニュースとして、日本の無条件降伏が
全世界に向けて発信された。中国主要都市
や太平洋各地の連合軍基地では、大祝賀
会的ドンチャン騒ぎに沸きかえった。

 15日未明。B29・250機の本土
空襲は、高崎・熊谷・伊勢崎・秋田・
小田原・福島・新潟に対して、午前
4時半まで続けられた。玉音放送を
奪おうとした反乱も鎮圧され、永田町の
陸相官邸内の大臣室では、阿南陸相が
切腹して果てた。

「一死ヲ以テ大罪ヲ謝シ奉ル」が遺言で
あった。

 午前5時半、日の出。北海道・東北地方
は曇りで涼しく、東京以西は晴れて蒸し
暑かった。正午に、陛下自ら放送せらるる
との予告放送が、ラジオから全国民に向けて
発信された。

101
最初 前へ 9596979899100101 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ