老人ホームの人妻看護師
老人ホームの人妻看護師
成人向
発行者:つかさ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/03/21
最終更新日:2012/11/24 17:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
老人ホームの人妻看護師 第2章 巨根を初体験です-前半
モデルさん?
「実はね、刺激があればと思ったらしくて、おじいさんがこんなものを買ってきたのよ」
そう言って奥さんが見せてくれた本のタイトルは”乱れ白衣”。
表紙は白衣を着た女の子が笑ってるだけなんですが、タイトルからして、いわゆるエロ本ってやつですよね。
「で、少しは効果があったっていうんだけど、もしかして本物ならと思って、悪いとは思ったんだけど朝ちょうど着替えしているところを見計らって覗かせってもらったの。ごめんなさい。ほら、おじいさんも謝って」
二人して畳に額をこすり付けるようにして頭を下げてます。
「あの、朝のことならもうほんとにいいんです。頭を上げてください」
こんなふうに謝られると他に言いようがありません。

「それより、頼みごとのモデルって話なんですが、私、そんなことやったこともないですし、大体どういったことなんでしょう?」
二人とも顔をあげてくれたんですが、奥さんが勘違いをされているみたいです。
「まあ、ありがとう。それじゃー、やっていただけるのね」
私が了解したような口ぶりなんです。
「いえ、そういうことじゃなくて、私には出来そうにないってことなんですけど」
「大丈夫、大丈夫、ただ、ここで、この本と同じようなポーズをとってくれればいいの。ね、簡単でしょ。外に出るわけでもないし、写真を撮るわけでもないから安心して頂戴。ただ、ちょっとだけ、この本の真似をしてモデルみたいなポーズをとっていただければいいの」
奥さんはニコニコしながら早口で本の表紙を指でたたきながら話します。
その軽い口調に、私、Hな本だってことを忘れて、なんか、簡単な事をお願いされているような気がしてきちゃったんです。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ