老人ホームの人妻看護師
老人ホームの人妻看護師
成人向
発行者:つかさ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/03/21
最終更新日:2012/11/24 17:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
老人ホームの人妻看護師 第8章 Hなお姉さんになっちゃった
「ナイフを渡しなさい」

少年に向かって右手を出します。毅然とした私。少しかっこいいかも。
最初は止めていた管理人さんもただ黙って見ています。

「うるさい、お金を持ってきたら出て行ってやるから、早く持ってこい」

少年の声が震えているのが判る位に私はしっかりしてました。私は少年を見つめましたが、よく見ると少年の右手の甲から血が出てます。

「あなた、手を怪我してるじゃない。血が出てるわよ」
「えっ。」

少年が自分の手を見ました。

「うわっ。血、血だ」

血を見たとたんに少年が崩れていきました。気を失っちゃったみたいです。
時々いるんですよね、血に弱い人。

へなへなと崩れ座り、そのまま横に倒れた少年を見て、皆で顔を見合せます。なんだか、コントみたいで苦笑交じりの面々。
とりあえず、みんなに手伝ってもらって医務室のベッドに少年を運びました。
まだ気を失ったままの少年をベッドに寝かせます。


「警察呼んだほうがよいじゃろうか」
「何を言ってるんですかおじいさん、こんな可愛い子を警察に渡すんですか。誰も怪我も
してないんですよ。ねえ由香里さん、そんな可哀そうなことできませんよね」

少年をかばったのは羽交い絞めにされていた加藤さん。その加藤さんが言うんだから皆も加藤うさんの声に頷きます。
ほんと普通の少年です。とても犯罪をするような顔には見えません。むしろ可愛らしい顔立ちです。

「そうですね。あとは私におまかせ下さい。起きたら話を聞いてみます。みなさんどうぞお部屋にお戻りください」

「そうじゃな。わしらがおってもしょうがないな。じゃああとは由香里さんにおまかせしますか。でももしもなんかあったら大声を出すんですよ」
「はい。その時はまた血を見せてやります」
「あっはっは。そうじゃな、それがいい」
57
最初 前へ 54555657585960 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ