老人ホームの人妻看護師
老人ホームの人妻看護師
成人向
発行者:つかさ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/03/21
最終更新日:2012/11/24 17:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
老人ホームの人妻看護師 第4章 痴漢です!
遠くに太田さんが駆けているのが見えます。どうやら駅に向かっているようです。私もすぐに後を追いかけました。
もう少しというところまで追いついたんですが、私は踏切待ちです。太田さんを呼ぼうにも息があがっちゃって声になりません。
その太田さんは何やら男の人にペコペコと頭を下げています。そして何やら指差されてホームに入って行きました。
踏切があがると、私はすぐにその男の人のところへ駆け寄りました。
まだ声がまともに出ません。

「あの・・・、あの、これ太田さん」

顔を見ると男の人は怒っているようです。太田さん間に合わなかったのかしらなんて思ったんですけど、その怒りは私に向けてのものだったんです。

「君っ、なにしてんの。遅いよ。撮影許可取ってるのわかってんの」
「えっ、いや、私は」
「言い訳はいい。早く来て」

腕を掴まれて、私はホームに連れていかれました。

「あの、台本」
「何言ってんの。今日は台本なんかいい。台詞は無し。とにかく恥ずかしそうに黙ってて。それに許可を待つために最後に残ったシーンじゃないか、台本はもう用無しだよ」
「えっ、えっ」

訳の判らないままホームの一番奥まで連れていかれました。
電車を見ると中に太田さんがいます。まだ声が出ない私はぜーぜー言いながら太田さんに向かって手を振ったんですが、気付いてくれません。

「さっ、早くメガネかけて」

男の人は台本とメガネを撮りあげると、私の顔にメガネをかけました。

「いいね、顔はドアを向けて動かないで。途中で外から撮影してるから」
「あの、あの」

その時に電車が発車するベルが鳴り始めましたんです。
私は後ろ向きのまま、無理やり電車に押し込まれたんです。
茫然としている間にドアが閉まり、電車が発車しちゃいました。
29
最初 前へ 26272829303132 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ