老人ホームの人妻看護師
老人ホームの人妻看護師
成人向
発行者:つかさ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/03/21
最終更新日:2012/11/24 17:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
老人ホームの人妻看護師 第4章 痴漢です!
その日の午後です。私が皆さんの部屋にクリーニング品をお届けしていた時です。慌てて部屋から飛び出てきた太田さんとぶつかっちゃいました。

「どうしたんですか、太田さん」
「いや、うたた寝してたらぎりぎりになっちゃった」

そう言って立ち上がるとすぐに走っていっちゃいました。私は慌てて声をかけます。

「あの、クリーニング」
「部屋に置いといて」

後ろも見ずにいっちゃいました。ドアだって開けっ放しです。
私はそのまま部屋に入り、太田さんのシャツをテーブルの上に置きました。
その時に テーブルの上にある“老いらくの性”と書かれたA4程度の冊子が目に止まったんです。気になって中身を少し覗かせて頂いたんですが、配役とかが書かれてて、どうやら台本のようです。裏には○△映像と、いかにも映画会社といった感じの会社名と電話番号が書かれてました。

台本無くて大丈夫かしら、そう思いながら冊子をテーブルに戻そうとした時に、今度は太田さんの老眼鏡が目に入ったんです。太田さん、この老眼鏡が無いと人の顔もわからないはずです。
よっぽど慌ててたに違いありません。
心配になった私は、その台本とメガネを持って追いかけてみることに。
白衣で外に出るのは少し恥ずかしいんですが、そうは言ってられません。私はそのままのかっこで玄関を飛び出しました。
28
最初 前へ 25262728293031 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ