老人ホームの人妻看護師
老人ホームの人妻看護師
成人向
発行者:つかさ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/03/21
最終更新日:2012/11/24 17:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
老人ホームの人妻看護師 第22章 温泉ナンパ、舞い上がる人妻ナース達
景色を眺める暇も無く電車に乗ってる2時間、しゃべりっぱなしです。
お二人とも確か40後半なのに、全然私よりパワフルです。
これが世に言うおばさんパワーかしら。
でも、疲れるということはなくて、楽しくてあっという間の2時間でした。

旅館まではタクシー移動です。このお金も出してくれるそうです。
山の中腹に立つ、古風な感じの、かといって古臭さなんて少しも感じない綺麗な旅館でした。旅館という言い方は間違ってるかも。玄関となっている建物は古風な旅館そのものなんですが、山の斜面に沿って適当な距離をおいてコテージ風の建物がいくつもあり、それらが部屋になってるようです。

「わー、素敵なところですねー。贅沢ー」
「ほんとねー。今年は特に奮発したみたい。ねー、川瀬さん」
「ほんとよー。よっぽど由香里さんにやめられたくないんじゃない」
「やめてくださいよ、石田さん。そんなのお二人の方に決まっているじゃないですか」

とにかくチェックインです。
食事はこの建物のレストランでとるようになってました。和食、洋食どちらでも選べるようです。私と川瀬さんが和食、生ものが苦手な石田さんは洋食にすることに。

お部屋がまた素晴らしいんです。
各部屋には部屋専用の露天風呂。その露天風呂から見える海は今まで見たことも無い素晴らしい景色です。
荷物を置いて2時間ほど散策。

食事前に夕焼けを見ながら露天風呂で汗を落とします。
はー、幸せというか、充実というか。
お二人の話も楽しく、湯船に浸かりながら、ホームに勤めてホント良かったとしみじみ思ってました。

と、ここまでは普通の女同士の気兼ねしない旅行だったんです。ところがレストランでの食事からとんでもないことになっていったんです。
158
最初 前へ 155156157158159160161 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ