老人ホームの人妻看護師
老人ホームの人妻看護師
成人向
発行者:つかさ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/03/21
最終更新日:2012/11/24 17:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
老人ホームの人妻看護師 第2章 巨根を初体験です-前半
表紙は、少しだけ白衣をたくし上げて、太もも近くまでを見せて笑っているだけです。
同じように膝から上10cm程度まで白衣を裾を持ち上げました。
「どうでしょう、こんな感じで」
山下さん、私と本とを交互に見比べます。
「やっぱり、全然由香里さんの方がきれいじゃよ。少しずつ元気が戻ってきそうじゃ」
「そうですね。ほんもののモデルさんといってもいいくらい綺麗な顔立ちですものね」
褒められると、なんだか照れくさいです。
奥さんがページをめくりました。
さっきより、スカートがたくし上げられて、もうすぐ下着が見えそうです。私ももう少しだけ白衣を上げます。
「おお、足もきれいじゃなー」
山下さんが、そんなことを言いながら、少し、下から覗いてます。
本のほうは足を開いているんですが、私は山下さんの視線も気になり、思わず足を閉じちゃいました。
奥さんのほうが私の動きに気付いたようです。
「おじいさん、失礼ですよ。次に行きますよ」
こんどは、胸のジッパーを少し下げて、谷間を見せるポーズです。昔はやったダッチュウノポーズってやつです。
さすがに胸のジッパーは下げられませんが、同じようにポーズを取ります。
「なんと、胸も本よりおおきいようじゃ。由香里さん、すばらしいプロポーションじゃなあ」
山下さんの言葉に頷きながら奥さんがページを進めます。
患者さんがブラジャーに指をかけ、胸を覗き込んでました。
ページを見た山下さんが立ち上がったんで、びっくりです。少し体を引いちゃいました。
11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ